Ready, Study, Go! - 動画コンテンツを考える。設計から、企画、制作、運用まで。2015年1月20日(火)15:30~17:40(15:10 受付開始) 東京ミッドタウン ホール&カンファレンス Room7

お申し込みを締め切りました。
たくさんのお申し込みを
いただきありがとうございました。

※当選結果はメールでご案内いたします。

Introduction

“Ready, Study, Go!” とは、BAとクライアントのみなさんが共に学ぶイベントです。
オウンドメディアを中心としたプラットフォーム構築に多くの実績を持つBAでは、その戦略の要のひとつである「コンテンツマーケティング」に注力し、ポートフォリオ全体の設計から、コンテンツの企画・制作・評価・改善まで、一貫したサービス提供体制を整えています。
2015年、もっとも勢いがあるコンテンツとなりそうなのが「動画」ですが、プラットフォームの中で「動画化すべきコンテンツとは?」「動画を運用するには?」といった悩みも伺います。こんな悩みを持つサイト運営者の皆さんと一緒に、いくつかの事例をもとに学んでいきたいと考えています。

Event Data

タイトル動画コンテンツを考える。設計から、企画、制作、運用まで。
参加費無料
対象●コーポレートサイトやオウンドメディア、ソーシャルメディアの戦略・企画・運用をご担当のかた。およびそのご関係者。
●広報・経営企画、マーケティング部門などに所属し、オウンドメディアやソーシャルメディアの運用に課題を感じているかた。

※ 広告代理店、マーケティング会社、Web制作会社などに所属のかたおよび個人、学生の参加はご遠慮いただいております。

定員100名

※ イベント開催1週間前までに、ご登録いただいたメールアドレス宛に、メールにて参加証をお送りいたします。ただし、定員を超えるお申し込みがあった場合には、抽選となります。抽選の結果ご参加いただけないこともございますので、あらかじめご了承ください。

※ 1社あたり2名までのお申し込みとさせていただきます。その際、お一人さまずつのお申し込みをお願いいたします。

日時 2015年1月20日(火)
15:30~17:40(15:10 受付開始)
開催場所東京ミッドタウン ホール&カンファレンス 4F Room7
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1
アクセスマップ:東京ミッドタウン ホール&カンファレンス
●都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
●東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口側から地下通路を経由し、8番出口より直結
●東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩3分
●東京メトロ南北線「六本木一丁目」1番出口より徒歩10分
主催株式会社ビジネス・アーキテクツ
お問い合わせBA “Ready, Study, Go!” 運営事務局
rsg@b-architects.com

Agenda

1

CMとは違う!
オンライン動画の企画制作プロセス

CMは「行動に割り込んで見せる」もの。しかしオンライン動画は「ユーザーが自分から見る」もの。この違いを理解しつつ、いかにシンプルで強い軸を作れるか。多くのCMとオンライン動画を手掛けてきたプロデューサーが、その「勘所」や「キモ」をご紹介。

レクチャラー

株式会社AOI Pro.
執行役員 エグゼクティブプロデューサー 神吉 康太

2

じぶん銀行さんに聞く!
オンライン動画でコンバージョン率アップ事例

新規ユーザー獲得施策に動画を使い、コンバージョン率を飛躍的に高めたじぶん銀行。その裏には「戦略に沿った手法の選択」と「ユーザーペルソナに沿った企画制作」というプロセスがあった。「Web」の文脈からオンライン動画を切り拓く、じぶん銀行の真意とは。

レクチャラー

株式会社じぶん銀行
IT戦略部  調査役 今泉 淳夫

株式会社ビジネス・アーキテクツ
プロジェクトマネジャー 白石 奈緒美

3

パナソニックさんに聞く!
アプリのプロモにオンライン動画、そのワケは?

新しくローンチするアプリ。使って体感することが重要なアプリのプロモーションには、短時間で利用イメージを感覚的に把握できる動画が最適。動画を使って「見る~知る~使ってみる」の体験を連動させるオンライン施策とは。

レクチャラー

パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社
eコマースビジネスユニット
サービス・ソリューション事業グループ
事業推進チーム チームリーダー 増田 健二

株式会社ビジネス・アーキテクツ
常務取締役CCO 青木 誠

4

再生数だけを追っても無意味?
オンライン動画ストラテジーとPDCA

「一本の動画を丹念に作り、再生数を追う」この形では効果は限定的。オンライン動画で成果を上げるには、年間のKGI・KPIを定め、狙いを分けた動画を戦略的に投入しながらPDCAサイクルを回すことが必要。「YouTube Certified」の資格保持者が、そのプロセスをご紹介。

レクチャラー

ナカミノ株式会社
代表取締役 ファウンダー YouTube Certified 塩見 則明

※レクチャラー・タイトルは変更になる場合がございます。

Lecturers

神吉 康太

株式会社AOI Pro.
執行役員 エグゼクティブプロデューサー

1991年 早稲田大学卒業後、葵プロモーション(現 AOI Pro.)入社。プロダクションマネージャーを経て、プロデューサーに。TVCM、オンライン動画、ミュージックビデオ他多様な映像コンテンツをプロデュース。ACC賞、ギャラクシー賞、カンヌ広告祭、他広告賞受賞。資生堂、カゴメ、日本マクドナルド、代々木ゼミナールのCMなど多数。

今泉 淳夫

株式会社じぶん銀行
IT戦略部 調査役

ウェブ制作会社のディレクターを経て、2012年じぶん銀行入社。サイトの企画、運営、2014年2月実施サイトリニューアルのプロジェクトマネージャーを担当。

白石 奈緒美

株式会社ビジネス・アーキテクツ
プロジェクトマネジャー

じぶん銀行 サイトリニューアルプロジェクトでプロジェクトリーダーを担当。現在も運用~新規施策のカウンターパートとしてプロジェクトを牽引。他にも外資系生命保険会社、イオングループECサイトなどの幅広いクライアントを担当。

増田 健二

パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社
eコマースビジネスユニット
サービス・ソリューション事業グループ
事業推進チーム チームリーダー

青木 誠

株式会社ビジネス・アーキテクツ
常務取締役CCO

企業の情報コミュニケーション戦略を実現する大規模プロジェクトを中心に様々な案件を手がける。BAの設立メンバー。

塩見 則明

ナカミノ株式会社
代表取締役 ファウンダー
YouTube Certified

大学卒業後、1995年博報堂入社。その後広告業界の営業畑を渡り歩き、2014年4月にナカミノ株式会社設立。Youtube独自トレーニングプログラムを修了し専門知識を取得した「YouTube Certified」認定資格保持者が5名所属する、日本最大の「YouTube Certified 企業」のファウンダー。