ワイヤーフレームの用語解説

ワイヤーフレームを一言でいうと?

ページの目的に沿って「何を・どこに・どのように」配置すべきかを図にした設計図のこと。

もっと詳しく解説

ページ内の具体的な要素が漏れなく全て含まれているかを視覚的に確認できるのがワイヤーフレームです。
機能の動作や要素の配置箇所・優先順位などを把握することで機能の実装方法を具体的に想定できるため、Webサイト構築に携わる全てのメンバーが成果物イメージを共有することができ、プロジェクトがスムーズに進行します。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。