ウィンザー効果の用語解説

ウィンザー効果を一言でいうと?

第三者から聞かされる評価や意見など、第三者から発信される情報は信頼性が高いという心理的な傾向のこと。

もっと詳しく解説

ウィンザー効果とは、相手から直接聞かされる情報よりも、第三者を通して得られる情報の方が信頼性が高いという心理的な傾向のことです。

情報の発信者と情報元との間に利害関係がある場合は、その発信者の情報は信頼性が低くなりますよね。
利害関係にない全くの第三者が発信する情報こそ、バイアスがかかっていない信頼できる情報だと考えられる傾向にあります。

実際にビジネスシーンにおいてウィンザー効果が応用されている例として、
・お客様の声や購入者レビューなどのUGC(ユーザー生成コンテンツ)
・インフルエンサーを活用したマーケティング
・アンケートやインタビュー、モニターを使った調査
などが挙げられます。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。