WBS策定の用語解説

WBS策定を一言でいうと?

プロジェクトを進めるのに必要な作業を細分化して構造化する手法のこと。

もっと詳しく解説

プロジェクト管理の基本的な手法であり、スケジュール作成にも用います。
プロジェクト全体が明確化されるため、後々に起こる可能性のある関係者間の認識のズレなどのリスクを回避し、プロジェクトをスムーズに進めることができます。
またWBSを使えばプロジェクト全体の作業が把握できるので、スケジュールの策定や作業の役割分担が精緻化され、精度の高い見積もりが可能です。
作業内容を洗い出すには他にも様々な方法が考えられますが、現在WBSが広く用いられているのは、プロジェクトの予実管理をする上で高い粒度からブレークダウンして細分化していくというプロセスが、多くの人に馴染みやすいからです。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。