W3Cの用語解説

W3Cを一言でいうと?

すべての人が環境に左右されないWebページを閲覧できるように、コーディングルールの標準化を定めている非営利団体のこと。

もっと詳しく解説

W3Cとは「World Wide Web Consortium」の略称で、Web技術の標準化を行う非営利団体のことです。
W3CはWebと深く関係している企業や研究機関、個人によって設立・運営されています。
すべての人が環境や条件に依らず、Webを用いて交流、商売、知識の共有などを達成できる状況の実現を目指します。
またW3Cによって策定された仕様は「W3C勧告」と呼ばれ、HTML、HTTP、XML、URLなどWebの主要な技術と考えられているものが、ここで標準化されています。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。