UCD(ユーザーセンタードデザイン)の用語解説

UCD(ユーザーセンタードデザイン)を一言でいうと?

商品やサービスを、ユーザーがどのように使用・体験するかという観点でデザインを検討すること。

もっと詳しく解説

UCD(ユーザーセンタードデザイン)とは、ソフトウェアやハードウェアなどの製品やサービスを、ユーザー本来の目的や使いやすさなど、実際の利用者の要求事項を満たせるかどうかの観点でデザインを検討することです。
サービス提供側やシステム設計側の視点ではなく、サービスやシステムを利用するユーザーが期待した結果を得られるかどうか、目的を果たせてるかどうかに重きを置いてデザイン・設計をする思想を指します。

例えば、エンドユーザーの要望や目的に合わせたインタラクション、インターフェース設計をして、それに合わせて機能要件の定義や技術的な実現方法を検討するのがUCDの考え方です。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。