トラッキングコードの用語解説

トラッキングコードを一言でいうと?

アクセス解析ツールを利用するために必要なもので、サイトに訪問したユーザーのデータを取得するため、各ページに埋め込んでおくプログラムコードのこと

もっと詳しく解説

トラッキングコードとは、サイトに設置する計測用のプログラムです。計測タグ、ビーコンとも呼ばれます。
Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールの利用に必要で、トラッキングとは英語で追跡、追尾、跡を辿る、などを意味しています。

HTMLファイルなどのソースコード上の適切な位置に設置することで、アクセス解析のためのデータ取得が開始され、アクセス数や滞在時間などサイトに訪れたユーザーの動向を調査することが可能です。
解析ツール上の数値を読み取る事によって現状のユーザーがどんな意識でいるかを仮定して、現状解析〜仮説〜施策〜実行のPDCAサイクルを回し、サイト改善につなげられます。

また、ページ遷移を伴わないアクション(「イベント」と言います)を計測するために新たにイベントトラッキング設定を施すことで、外部サイトへのリンククリックや電話ボタンのタップ、PDFのダウンロードなどの計測も可能です。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。