SSLの用語解説

SSLを一言でいうと?

インターネット上で安全にデータを送受信するための約束事(プロトコル)のこと。

もっと詳しく解説

サイト全体を「https://」から始まるURLにすることを、「常時SSL(Secure Socket Layer)化」のように呼ぶため、SSL=HTTPSだと思われているかもしれませんが、HTTPとSSLを組み合わせて使うことで、通信が保護されるプロトコルがHTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)です。
SSLはHTTPにおいてのみ使われるプロトコルではなく、例えばサーバにファイルをアップするときのFTPとSSLを組み合わせて使うFTPS(FTP over SSL)や、メール送信のSMTPとSSLを組み合わせて使うSMTPS(SMTP over SSL)など、HTTPS以外にもSSLが使われている場面はたくさんあります。

「サイトをHTTPS化する」とはどういうことかといえば、Webサイト全体を「https://」から始まるURLにすることです。
2014年頃からGoogleがさかんに提唱している「HTTPS everywhere」のもと、Webサイトの基準は、従来の「HTTPは普通、HTTPSにすれば安全」から「HTTPは危険、HTTPSが普通」へという流れになってきています。

HTTPのままだと起きるデメリットとして以下が挙げられます。
・サイトが「保護されていない」と表示されてしまう
・Wi-Fiスポットなどでセッションハイジャックされる恐れがある
・相対的に検索順位が下がる
・周りがHTTPSになるとリファラ(利用者が直前に訪問していたサイトの情報)が取れなくなる

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。