RFPの用語解説

RFPを一言でいうと?

RFP(提案依頼書)とは、Request For Proposalの略で、制作会社やベンダー(委託先)各社に対して、Webサイトの構築やシステムの導入などを依頼する資料のこと。

もっと詳しく解説

制作会社やベンダー(委託先)各社に対して、Webサイトの構築やシステムの導入に関する提案を依頼するRFPには、依頼主の要望や要件などが記載されます。
プロジェクトの全体像や要件だけでなく、予算やスケジュールなどを正確に漏れなくRFPにまとめる必要があります。
そのRFPを元に制作会社やベンダー各社から提案を受けることになるので、この情報伝達でミスコミュニケーションが起きてしまうと、適切な提案が得られなかったり、委託先選定を誤ってしまう恐れも。
RFPに記載されるべき項目の一例は以下のように挙げられます。


・プロジェクトの目的
・対象サイトURL
・依頼の範囲
・提案内容・成果物
・解決すべき課題
・競合他社・ベンチマーク
・効果指標
・ターゲット
・サーバ要件
・CMS要件
・セキュリティ要件
・運用要件
・納品物・納品形態
・スケジュール(提出期日)
・予算
・プロジェクト体制
・契約条件
・推奨環境
・問い合わせ先・窓口

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。