リダイレクトの用語解説

リダイレクトを一言でいうと?

WebページのURLが変わった場合に、以前のURLにアクセスしても目的のWebページが表示されるように、特定のURLへ転送する機能のこと。

もっと詳しく解説

WebページはそれぞれURLがあり、WebブラウザはそのURLにアクセスします。
WebページのURLを変えてしまうと以前のURLでは「ページが見つかりませんでした」という表示が出てしまいますが、リダイレクトを設定することで以前のURLでも新たなページにアクセスさせることが可能になります。
Webサイトをリニューアルする時はURLを変更する場合が多く、セットでリダイレクトの設定を行うことが多いです。

またリダイレクト先は別のWebサイトにもできるので、コンテンツを別のサイトに移す場合もリダイレクトで設定します。
リダイレクトを設定するためには、一般にはWebサーバにリダイレクトのルールを記載したファイルを置く必要があるので、システム担当者に依頼して対応します。
サーバホスティングサービスやクラウドサービスではメニューから変更できる場合もあります。
リダイレクト以外にWebページにmeta refresh の記述をして新しいURLに誘導する方法もありますが、SEOなどの観点からリダイレクトでの対応が望ましいですね。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。