Pythonの用語解説

Pythonを一言でいうと?

名前の由来はイギリスのコメディ番組『空飛ぶモンティ・パイソン』から。初心者から職業プログラマーまで広く使われる汎用プログラミング言語のこと。

もっと詳しく解説

Pythonは比較的古くから存在する言語で、C言語などと比較して覚えることが少なく可読性の高い文法が特徴です。
仕様が簡潔で作業性が高く、多くのハードウェアやOSに対応していることから2019年にはjavaやPHPを抜き「人気の高い言語」第2位に浮上しました。(1位はJavaScript)
Pythonはニシキヘビを意味する英単語のため、マスコットやアイコンとしてニシキヘビが使われます。

シンプルであることを目標としたPythonですが、できることがたくさんあるのも魅力のひとつです。
例えばWebサービスやシステム用の記述、各種の自動処理、理工学や統計・解析などさまざまな分野で利用可能で、実際にPythonが使われている有名なサービスとしてYoutubeやDropbox、Google Mapなどが挙げられます。
拡張機能が豊富なことから、AI(人工知能)や深層学習(ディープラーニング)の分野でも多くのソフトウェアがPythonで動作しています。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。