プロトタイプの用語解説

プロトタイプを一言でいうと?

Webサイト制作におけるプロトタイプとは、動作や機能を検証するために最小限の規模で制作された試作品のこと。

もっと詳しく解説

Webサイト制作をする上で、ワイヤーフレームなどのデザイン資料で形や動きを相手に説明しても、相手はイメージできない場合があります。
そこで実際に触って確かめられるプロトタイプを作ることで、Webに見識がない相手でも操作性を体感しサイト全体の構成も確認することが可能になります。

またプロトタイプの確認時に新たな課題や不具合、設計上の問題点などが見つかっても、プロトタイプの段階であればスムーズに要件として盛り込むことができたり、具体的かつ最善な修正を検討することもできますよね。
プロトタイプを用いることで、受注側と発注側の双方が納得のいく成果物が得られるだけでなく、開発後の修正を減らして費用と工数の削減にもつながります。

プロトタイピングツールの例
・Adobe XD
・Sketch

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。