PPTPの用語解説

PPTPを一言でいうと?

Point to Point Tunneling Protocolの略。IPネットワーク上にある機器から、ほかの機器までの間に仮想伝送路を作り出し、データの送受信をするための通信規約のこと

もっと詳しく解説

PPTPはかなり以前から利用されているVPN(仮想専用ネットワーク)で、電話回線などで広く利用されていたレイヤー2プロトコルのPoint-to-Point Protocol(PPP)とトンネルプロトコルであるGeneric Routing Encapsulation(GRE)を利用した技術です。
マイクロソフトを中心にアセンド・コミュニケーションズ(現Lucent Technologies)、USロボティクス(現3Com)が開発しました。

オープンなインターネット回線などセキュリティ面では良好とはいえない経路を通るネットワーク上で、保護された抜け道(トンネル)を作り出しVPNを構築するのに用いられます。主に企業のコンピューターに社外から安全にリモート接続する時などに使われます。

また仕様上暗号化の機能が備わっていないため、通常は暗号化プロトコルとしてMPPEが使用されます。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。