ポータルサイトの用語解説

ポータルサイトを一言でいうと?

ユーザーが目的のWebページへアクセスするための検索エンジンをはじめ、さまざまなコンテンツへのリンク集が設置されているWebサイトのこと

もっと詳しく解説

ポータルサイトはブラウザを起動して最初に閲覧されることを目的とした、検索機能やリンク集、天気情報、ニュース配信などのサービスを提供する巨大なWebサイトのことです。 ポータルには「玄関」や「入口」という意味があります。

ポータルサイトには豊富な種類があり、検索エンジンを主としたもの、地域に関する情報を提供するもの、「健康」「美容」「不動産」など特定の情報に絞り込んで掲載されるもの、社員向けに情報が公開されている社内ポータルなどそれぞれ特徴があります。

ポータルサイトを利用するユーザー側のメリットは、インターネット上に存在する多くの情報から必要な情報を簡単に探し出せるという点です。
企業視点からのメリットとしては、サイトを運用することによって、サービスサイトやコーポレートサイトでの接触が難しいユーザーに接触し、より多くの集客効果が見込めます。
ユーザー・企業ともにメリットがあるため、数多くのポータルサイトが運用されています。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。