PHPの用語解説

PHPを一言でいうと?

Hypertext Preprocessorを意味する、オープンソースの汎用プログラミング言語のこと。拡張子は「.php」

もっと詳しく解説

PHPとは、ユーザがアクセスしたときの状況によって異なる内容が表示されるページ(動的ページ)を生成することができるスクリプト言語です。

PHPは仕様や文法が簡単なため習得がしやすく、土台として使われるフレームワークも多数開発されているためWeb制作の現場でよく使用されています。
MySQLやPostgerSQLなどのデータベース(DB)との連携も容易なため、WordPressを含めたCMS開発や、フォームにもよく使われます。

PHPでよく使用されるのは次の3つの機能です。
・HTMLに埋め込み動的ページを生成する
・DB連携させる
・クライアントから送信された情報を受け取る

Web開発でよく使用されるスクリプト言語としてほかにJavaScriptがありますが、PHPはWebサーバ側でコードが実行され、JavaScriptはWebブラウザ側で実行されるという大きな違いがあります。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。