Perlの用語解説

Perlを一言でいうと?

Practical Extraction and Report Language を意味するプログラミング言語のこと。

もっと詳しく解説

PerlはCGI(Common Gateway Interfaceの略。Webサーバ上でプログラムを動かすための仕組み)を実現するためのプログラミング言語の1つとして、1987年に一般公開されました。
テキストやファイルを効率よく処理することを重点において開発されたことから、数値と文字列の自動変換機能や強力な正規表現が組み込まれており、JavaやC言語のようにコンパイル作業を行う必要がないため素早く実行できます。
Unix・Linux系のOSには標準でインストールされており、後方互換性の非常に高い言語なので、安心して仕事に使えるのが利点です。

現在は時代のニーズもあり、PythonやRubyのプログラミング言語を習得する技術者が多いです。しかしPerlは、今までの導入実績が多いため運用・保守やシステム改修などに一定の需要があります。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。