LAMP環境の用語解説

LAMP環境を一言でいうと?

よく使われるサーバ環境の通称で、Linux + Apache + MySQL + PHP(Perl/Python) を利用できるサーバのこと。

もっと詳しく解説

LAMP環境とは、Linux(OS) + Apache(WEBサーバ) + MySQL(DBサーバ) + PHP(プログラム言語) が用意されたサーバ環境を指します。
安価で広く使われているので、様々なサービスやアプリケーションを動かす場合に使用されます。
PHPのかわりにPerl、最近ではPythonを指す場合もあります。
いずれもライセンス費用が不要で、プログラム言語もコンパイルせずにすぐ利用開始できる、技術情報の蓄積も多く技術者も多い、といった特徴があり、さまざまなサービスの基盤として広く使われています。
ちなみにWordPress、MovableType(Perl採用) もLAMP環境で動作します。
Linuxの各ディストリビューションで配布されているApache/MySQL/PHPを設定することでLAMP環境を構築できます。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。