JavaScriptの用語解説

JavaScriptを一言でいうと?

ブラウザ上で計算をしたり要素を操作したり、様々な表現ができるオブジェクト指向スクリプト言語のこと。

もっと詳しく解説

JavaScript(JS と略記することも多い)は、動的なWebページやWebアプリケーションを作ることのできるプログラミング言語で、通常はブラウザ上で実行されるクライアントサイド・スクリプトです。ユーザーのアクションに合わせたインタラクティブな動きを実装をしたり、地図やアニメーションなども表現することが可能になります。
主にユーザビリティ向上のためWeb開発の現場で積極的に利用されており、JavaScriptを応用したライブラリや、開発に必要なパッケージが一通り揃っているフレームワークなども充実してい非常に人気が高く、今後もその傾向は続くでしょう。

なお、名前が似ている「JavaScript」と「Java」は、いくつかの共通点はあるもののまったく別の言語です。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。