Google Tag Managerの用語解説

Google Tag Managerを一言でいうと?

Google アナリティクス等のアクセス解析タグや広告タグなどを管理するために、Googleから無償で提供されているタグマネジメントツールのこと。

もっと詳しく解説

Google Tag Managerとは、Google アナリティクス等のアクセス解析タグや広告タグを利用・管理するためのマネジメントツールで、Googleから無償提供されています。(規模の大きい運用向けに機能が拡張された有償プラン「Google タグマネージャ 360」もあります)
アクセス解析タグや広告タグを利用するためにはWebサイトのHTMLにそれぞれのタグを埋め込む必要がありますが、実際にタグを埋め込むためにはシステム担当者との連携が必要になるケースが多くなってきます。
しかし、タグマネジメントツールを用いれば毎回HTMLの編集をする必要がなく、ツールの管理画面上からタグの追加や編集、削除ができます。

タグマネジメントツールを利用することで、運用管理におけるシステム担当者の負荷を軽減できたり、作業時間の短縮が実現します。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。