ファインダビリティの用語解説

ファインダビリティを一言でいうと?

Webサイトがユーザーにとってどのくらい見つけやすいかを測る指標のこと。

もっと詳しく解説

ファインダビリティとは、情報を求めて検索エンジンを利用するユーザーにとって、対象のWebサイトがどのくらい見つけやすいかを計測するための指標。
検索要求が多岐にわたるコンテンツを抱えるWebサイト(eコマースサイトやデータベースなど)の全体のSEO施策を評価する際に用いられることが多いです。

一般的にSEO効果を測る際には検索順位を指標としますが、これは特定のキーワード(クエリ)における成果を知る際に有効です。
サイト全体の検索最適化を測る際には、ファインダビリティを採用します。

測定にはファインダビリティスコアを用います。
ユーザーの検索クエリとして想定されるキーワードを洗い出し、それぞれの検索順位に対して点数をつけて、その合計スコアを算出します。
このファインダビリティスコアを使って、Webサイトのポジションや改善策を検討します。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。