ファビコンの用語解説

ファビコンを一言でいうと?

ブラウザ上のアドレスバーやブックマークバー、タブなどに設置されている小さなアイコンのこと。

もっと詳しく解説

ファビコン(favicon)とはfavorite iconを略した混成語で、Webサイトの特徴や内容を表現するシンボルマークとしての役割を持つアイコンです。

ファビコンを作成・設定することで、複数のタブを開いて作業をしているときや、お気に入りやブックマークを開いたときに目印になります。
最近ではGoogleの検索結果にも表示されており、Googleの公式ページにはガイドラインが掲載されています。
https://support.google.com/webmasters/answer/9290858?hl=ja

作成する際には、タブや検索結果で表示されるブラウザ用と、ショートカット作成時に表示されるスマホ用の2パターンが必要です。
小さいアイコンのため、デザインや色使いもシンプルでわかりやすいものが望ましいですね。

またファビコンには.icoというファイルフォーマットを使用することが多いです。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。