ECの用語解説

ECを一言でいうと?

インターネットを介して行われるモノやサービスの売買の総称のこと。

もっと詳しく解説

ECとは、Electronic Commerce(電子商取引)を意味する言葉で、一般に「インターネット通販」や「ネットショップ」と言われる業態全般を指してECサイトと呼んでいます。
取り扱うものは多岐にわたり、食品・衣類・雑貨・家電・書籍・チケット・旅行商品などさまざまです。

ECサイトは主に、楽天市場やAmazonなどのネットショッピングサイトに出店するモール型と、自分でECサイトを構築する自社サイト型に二分されます。
インターネットやスマートフォンの普及とともに、今まで店舗販売が主であった小売事業者もECに参入しやすい環境が整備されてきました。

現在ではECサイトで購入したものをコンビニや商業施設などに既設のロッカーで受け取れるサービスや、実店舗とECサイトの会員ポイント共有化など、ユーザーのライフスタイルに応じたサービスが次々と展開されており、今後もECを取り巻く環境は市場規模を拡大させていくとみられています。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。