デジタルサイネージの用語解説

デジタルサイネージを一言でいうと?

屋内・屋外を問わず公共施設や機関で電子機器を使って広告を掲載すること。

もっと詳しく解説

デジタルサイネージとは、ディスプレイなどの電子機器を使って、施設や公共機関に掲載する広告の総称です。

都心の大型ビジョンから電車・エレベーター内の小型ディスプレイまで、大小問わずさまざまなデジタルサイネージが私たちの身の回りに設置されています。

またデジタルサイネージは消費者向けの販促広告だけでなく、施設や公共スペースの利用案内、企業や病院、教育機関におけるコミュニケーションツールなど、多岐に渡って利用されて、さまざまな提供価値を生み出しています。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。