CTAの用語解説

CTAを一言でいうと?

Webサイトに訪れたユーザーに対して、運営側が求める行動をユーザーに促すこと。

もっと詳しく解説

CTAとはCall To Actionの略で、日本語で言うところの行動喚起。
Webサイトに訪れたユーザーに対して、サイト運営側が求める行動(コンバージョン)を実行してもらえるようバナーやボタンで誘導することを指します。

アクセス解析などによって効果的なページを選定して、CTAをおこなうことでコンバージョン向上に繋がります。
A/Bテストなどによってバナーやマイクロコピーの効果測定をおこない、より効率的なCTAを目指しましょう。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。