CSRの用語解説

CSRを一言でいうと?

企業が収益を求めるだけなく、倫理的観点から環境活動、ボランティア、寄付活動など、自主的に社会へ貢献する責任のこと。

もっと詳しく解説

CSRとは「corporate social responsibility略で、企業の社会的責任を意味する言葉です。
しかしCSRを単に「企業の社会的責任」と捉える場合、企業として雇用・納税や法令順守といった、当たり前のことを果たすことで十分という錯覚に陥りかねない訳語です。
本来CSRの意味するところは企業が利潤を追求するだけでなく、さまざまな社会の要求に対応し、技術・ボランティア・寄付活動など自社の経営資源を生かして、社会的課題の解決に取り組むことも含まれます。

CSRとは、企業と社会がお互いに協力しあう共同作業であり、企業はCSRへの取り組みによって「企業への信頼と価値を高めること」、また社会からは「社会的課題の解決のために企業のサポートを得ること」ができます。

関連ワード

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。