コーズリレーテッドマーケティングの用語解説

コーズリレーテッドマーケティングを一言でいうと?

商品や製品、サービスの売上から得た売上の一部(または全部)を、環境活動や奉仕活動に従事する機関・団体に寄付することでイメージ向上や好意度形成を図るマーケティング手法のこと

もっと詳しく解説

コーズリレーテッドマーケティング(Cause related marketing)とは「CRM」と略されるマーケティング手法の一つです。
商品や製品、サービスなどの売り上げによる利益の一部(または全部)を、環境活動や奉仕活動を行う機関・団体に寄付することで、彼らの活動と企業(とその商品や製品、サービスなど)を結び付け、イメージ向上や好意度形成を図ります。

また社会に貢献する企業の商品や製品を購入することで消費者も社会貢献活動に繋がるのこともコーズリレーテッドマーケティングの特徴です。
コーズリレーティングマーケティングがイメージ向上だけでなく購買促進や売上拡大に繋がる場合もあります。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。