ブランディングの用語解説

ブランディングを一言でいうと?

「ブランド」を一般消費者に認知させることで、市場における自社及び自社の製品・商品・サービスのポジションを明確化するための様々な活動のこと。

もっと詳しく解説

ブランディングとは、ブランド形成を目的としたあらゆる活動を指します。
プロダクトデザインやロゴ、商標・名称、キャッチコピーなど、様々な要素がブランドを形成します。
そして作り上げられたブランドを一般消費者に認知させ、市場における自社製品・商品・サービスのポジションを明確化するための活動がブランディングです。

具体的には、自社の製品・商品・サービスの提供価値をブランドとして明確化した上で、そのブランドの価値が一般消費者に正しく伝わるように、Webサイトやブログ、SNS、広告、アフェリエイトなどの様々な施策をおこなっていきます。
このブランディングが成功すると、集客や販促、プロモーションといった営業活動に利益をもたらすとともに、自社の製品・商品・サービスに対して一般消費者の認知度が高まったり、好感度を形成できていれば、ターゲット市場において顧客獲得を優位に進められます。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。