直帰率の用語解説

直帰率を一言でいうと?

全セッション数における直帰したセッションの割合のこと。

もっと詳しく解説

直帰率とは、すべてのセッション数における直帰したセッション数の割合のことです。
直帰とは1セッションの中で1ページだけ閲覧してWebサイトから離脱してしまうことを指します。
つまり言い換えれば直帰率とは、全セッション数における1PVだけのセッション数を表しています。

これはユーザーが最初に訪れたページに求める情報がなかったり、最初のページだけでWebサイトが有益ではないと判断されてしまっていることが原因です。
ほかにも表示速度が遅かったり、ほかのページへの導線が不足していることも挙げられます。
(もちろん、その1ページでユーザーが満足して直帰したということも考えられますが…)

大切なのは、単に直帰率が高くなっているから改善が必要だと決めつけるのではなく、なぜ直帰率が高くなってしまっているのか、その原因を考えて改善の可否や施策を検討することです。

ちなみに直帰したセッションはページ滞在時間が計測できないので、平均セッション時間は0として計算されます。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。