Basic認証の用語解説

Basic認証を一言でいうと?

任意のWebサイトにアクセスする時にユーザー名とパスワードの入力を必須にし、認証情報を知っているユーザーのみアクセスを許可すること。

もっと詳しく解説

Basic認証とは、Web上で利用されている認証システムです。
HTTPで定義される認証方式の一つであり、「基本認証」とも呼ばれています。
Basic認証が設定されているWebページへアクセスするとポップアップが表示され、ユーザー名とパスワードを求められます。

またBasic認証は、ユーザ名とパスワードの組み合わせをコロン ":" でつないだものを、Base64でエンコードして送信する仕組みになっています。
そのため、容易に盗聴や改ざんがおこなわれるリスクがありますが、現在ほぼ全てのWebサーバやブラウザに対応しているため、広く普及しています。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。