AMPの用語解説

AMPを一言でいうと?

読み込みの負荷を減らすことで、モバイルのページを高速に表示させる手法のこと。

もっと詳しく解説

AMPとはAccelerated Mobile Pagesの略で、モバイルページの表示を高速化するための手法です。
非同期のJava ScriptであるAMP JSやAMP HTMLを用いて使用が策定されているAMPページを、CDN(Content Delivery Network)の一種であるAMP Cacheによってキャッシュすることで、モバイルページのコンテンツ表示を高速化しています。

表示速度が原因で離脱率や直帰率が上がってしまうことを避けたいサイトにとっては、AMPは導入を検討すべき手法です。

AMP対応の有無は、現在のところ検索順位には直接の影響はありません。
しかし、モバイルページの最適化に関してはWebサイトの評価項目であり、AMP対応によって結果的にユーザー体験の向上に繋がることになります。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。