A/Bテストの用語解説

A/Bテストを一言でいうと?

Webページのデザインを複数パターン用意し、どちらがより多く目的を達成することができたか検証しサイト改善に役立てる手法のこと。

もっと詳しく解説

A/Bテストとは、Webサイトのデザインの一部やページそのものを複数パターン用意して、テストパターンを特定の期間に出し分け、どちらがより効果が高かったかを統計学で検証するサイト改善(CRO)の手法です。
A/Bテストを実施する際、Webサイト管理者はテスト内容と目指すゴール、実施期間などを設定します。

また、A/Bテストは費用対効果が高く、低価格のツールでも十分な効果を測定することが可能です。
ビッグデータを用いた定量的な調査であるA/Bテストは、比較的コストや工数をかけずに実施することができます。
具体的な実数値で結果を得られるため、目に見える成果を挙げやすいのも特徴です。

調査の際の注意事項として、
・2箇所以上のABテストを同時に実施しない
・曜日や時間帯などの前提条件を揃える
などがあり、純粋に2パターンのデザインの差異を実証するために、そのほかのファクターや外部要因などの影響を最小限にする必要があります。

ビジネス・アーキテクツについて

BA(ビジネス・アーキテクツ)は「情報収集・分析」や「戦略の立案」、「企画・計画」、「サイト構築・制作」、「運用・測定」まで、コミュニケーション領域におけるさまざまなソリューションを提供しています。