サービス設計・構築

適切なアプローチを実現するために

ウェブサイトは、その目的とターゲットユーザーに適した設計に基づいて構築することで、はじめて成果を出すことができます。BAは、多くの企業様との多様なサイト設計・構築から得た知見を活かし、お客さまのビジネスニーズに対応したウェブサイト構築サービスを提供します。

 

コーポレートサイト

ウェブサイトを通じて企業のブランド価値を伝えていくことは、事業を推進する上で大きな効果が期待できます。競合他社との差別化・優位性を効果的にターゲットユーザー(=消費者やビジネス顧客)に伝えるためには、どのようなサイトの構成にすべきなのか、どうやってメッセージを伝えるのか、新たにつくるべきコンテンツは何かなど、ブランディング・マーケティングの両面から、適切なアプローチをご提案いたします。

 

グローバルサイト/国サイト

グローバルに事業展開する企業にとって、戦略的なグローバル広報はますます重要になっています。市場における企業価値を高めていくための、グローバルサイトや各国サイトのあるべき姿の検討からサイト構築、その後のサイト運営までをしっかりサポートします。CMS選定、グローバルウェブガイドラインの策定、ウェブガバナンス統制など、グローバルでのウェブ展開に必須の課題に対して最適なソリューションを提供します。

 

サービスサイト

商品やサービスの特長を正確に紹介し、顧客の購入意欲を促進するためのサイト構築・コンテンツ作成を支援します。 顧客の購買意欲や購買行動につながる要素にフォーカスした調査・分析を通じて、顧客の購買意欲を高めるための施策をご提案いたします。

 

マーケティングプラットフォーム

Eコマース運営企業やサイト上での顧客獲得をおこなう事業者が、ウェブサイト訪問者の行動把握、見込み顧客の育成・リード獲得・顧客管理までを一元管理し、ウェブサイトを通じたマーケティングROIを可視化・最大化することを支援します。

 

CMS導入支援

お客さまのウェブサイトに最適なCMSの選定や追加する機能のご提案、要件定義、CMSのセッティング、デザインテンプレートの制作ほか、CMSの導入に関する作業をトタールでサポートいたします。

こんなお客様におすすめ

  • コーポレートサイトをリニューアルしたい。
  • 多言語対応したウェブサイトを立ち上げたい。
  • 各部門でばらばらのサイト群を整理・統合したい。
  • 商品をPRするサイトを立ち上げたい。
  • ビッグデータを活用したサービスを考えたい。
  • ウェブサイト・SNS・メール等、メディア連携したマーケティング活動を行いたい。
  • CMSを導入し、効率的なWebサイト運用を始めたい。

サービス特長

ウェブサイトによって運営の目的や訪問者のタイプ、提供する情報、達成すべき目標は異なります。運営企業にとってどのようなウェブサイトであるべきなのかを明確に定義し、その定義に基づいてコミュニケーション手法を設計することが目的を達成するためには重要です。豊富な実績で培った確かな経験と技術で、適切なソリューションをご提案・実現いたします。

図版

導入ステップ

図版

1

調査・分析

サイトに求める役割や機能、現状のサイト課題やビジネスニーズをお客さまからお聞きし把握する一方で、自社・競合サイト、ターゲットユーザーの調査・分析を行い、現状課題を明らかにします。

2

要件定義

調査・分析結果に基づいて、サイトのあるべき姿や方向性、その実現のための戦略を策定。その上で、戦略を実現するサイトコンセプト、サイト構造やコンテンツ、実装・システム開発、計測、運用などのサイト構築に求められる要件を定義します。

3

企画・設計

サイトの情報構造を設計し、各ページテンプレートの画面仕様(ワイヤーフレーム)を策定します。これと並行して、新規のコンテンツ・機能の企画・設計を行います。

4

デザイン

ブランドとの整合性やターゲットユーザーの特性を踏まえた上で、基本デザインを策定し、デザインのルールを決定。その後具体的なページやテンプレートへのデザインの展開を行います。

5

実装

HTMLの実装およびフロントエンド機能を開発します。 検索エンジンに対する最適化(SEO)やアクセシビリティ、将来的な拡張や保守のしやすさなど様々な要素に配慮したコーディングを行います。

6

システム開発

コンテンツの効率的・機動的な運用のためのCMS導入、サーバーとの連携が必要な動的ページの開発、あるいはMAツールの導入に関わる開発など、目的に応じて最適なシステム化対応を行います。

7

検証

実装したHTMLおよび機能の検証を行います。またシステム開発に関しては、統合システムでのテストも遂行します。なお、実装後の綿密な検証だけでなく、情報設計の段階から、利用者を巻き込んだ、デザインの検証を繰り返し行い、デザインの質の向上を目指します。

8

公開・サポート

公開手順、公開後問題があった際のロールバックプランを定義し、安全で確実な公開対応を行います。公開後はサイトが想定通りに表示されているかチェックするなど、一定期間サポートします。

主なアウトプット

図版

インタビュー・調査レポート

お客さまからの情報インプットやサイトの調査・分析結果から見出した現状の課題と将来への可能性を検討し、今後のサイトやウェブコミュニケーションの方向性を提示します。意思決定のためのたたき台であり、お客さまとのディスカッションの中で合意することを目指します。

図版

アクセス解析レポート

サイトへのアクセスという定量情報に基づいて、コンテンツや情報設計上の課題を明らかにし、またユーザーの行動の特徴やニーズなどへの示唆を得ます。それらに基づいてサイトの改善点や今後の施策の方向性やアイデアを明らかにします。

図版

カスタマージャーニー

ユーザーが、開発対象となる商品やサービスを知り、実際に使ったり購買するまでのプロセスを可視化し、ターゲットユーザーとの接点でどのようなユーザー体験を提供すべきかを検討。その中からユーザー本位のコミュニケーション施策を提案します。

図版

要件定義

開発対象となるサイトの要件を定義します。サイトコンセプト、ユーザーにどのような経験・価値を提供するのかといったユーザー体験を定義するほか、具体的なコンテンツ・機能要件、実装やシステム開発の要件、計測・評価要件、さらにはスケジュール要件まで、具体的に記述します。

図版

ワイヤーフレーム

ユーザーが、開発対象となる商品やサービスを知り、実際に使ったり購買するまでのプロセスを可視化し、ターゲットユーザーとの接点でどのようなユーザー体験を提供すべきかを検討。その中からユーザー本位のコミュニケーション施策を提案します。

図版

トーン&マナー設計

ブランドキーワードからムードボードでのポジションを定め、サイトにおける基本デザインを決めていきます。サイトのトーンや配色の方向性を提案します。

お問い合わせ