BA

ソフトウェアデザインエンジニア

ソフトウェアデザインエンジニアは、ソフトウェアの設計や開発の役割を担います。ウェブアプリケーションの設計や開発のほか、アプリケーションの導入、設定、カスタマイズなど、仕事は多岐にわたります。
Webサイト構築の一部として、大規模なシステム開発やCMSのインテグレーションに携わる場合もあります。また、自社開発のCMS「インダストリ・スタンダード」の開発や保守なども行っています。
プログラミングに関する能力はもちろんのこと、情報セキュリティに関する知識、マークアップに関する知識、サーバやインフラの基本的な知識も必要になります。特定のプログラム言語の能力より、システム開発についての幅広い知識と対応力が求められる仕事です。

主に担当するロール

プログラマー

Ruby/Perl/PHP/.NET など、その時に必要な言語を使います。システムエンジニアを兼ねる場合がほとんどなので、設計しつつプログラミングを行います。サーバサイドに限らず、WindowsやiPhone、Androidなどのアプリケーション開発を行う場合もあります。

システムエンジニア

クライアントや社内の担当者(プロジェクトマネジャー、アートディレクターなど)と要件調整をしたり、機能設計、データベース設計などを行います。サーバサイドにかぎらず、Flashアプリ、AJAXアプリ、スマートフォンアプリケーションなどを対象とする場合もあります。

サーバ構築

サーバ、WEBサーバ、データベース、アプリケーションサーバーなどの構築・設定を行います。
環境: Amazon AWS/Windows Azure
OS: Linux/Windows
Webサーバ: Apache/IIS
データベース: MySQL/SQL Server

応募方法について

採用についての詳しい情報は、「応募について」のページをご覧ください。